眼瞼けいれんはミューラー筋を瞼板から外す手術で改善します

0120-12-4103

〒273-0005 千葉県船橋市本町5-3-5 伊藤LKビル4F

月 9:00~13:00 15:00~18:30 / 火 9:00~13:00 15:00~18:00
水 9:00~13:30(隔週) 15:00~18:30 / 金 10:00~20:00(連続診療)
土 10:00~13:00 / 日曜 9:00~12:00(月2回不定期)
休診日:木曜日・祝日

ブログ

眼瞼けいれんはミューラー筋を瞼板から外す手術で改善します

ブログ

2017/01/29 眼瞼けいれんはミューラー筋を瞼板から外す手術で改善します

最初にどうして、眼瞼下垂の治療を情熱をもって行っているのか、理由をご説明しておきます。院長自身も勤務医のときに、手術中に自分だけ無影灯の光を非常に眩しく感じ、黄昏時の明るさにしてくれと頼んでいて、どうして自分だけ眩しいのだろうと疑問を持っていました。当時、この原因がまぶたにあるとは思ってもみませんでした。信州大学の松尾名誉教授に学会場で指摘されるまでは。。。そんなわけで、おもり負荷テストでまぶたが全く上がらなくなったり、瞳孔計検査では対光反射で縮瞳し、その後生じる散瞳で眩しくなるとのことで、理由がわかり、驚きました。自分もはじめて本格的な手術で、まぶたを治して、眩しさがなくなり、快適に開くようになりました。眩しさやまぶたが開きづらい不自由さから開放された喜びを、下がりまぶたでお困りの患者様にも体験していただくために、眼瞼下垂の治療に取り組んでおります。

 

次に、眼瞼けいれんについて、新しいトピックがあります。下がりまぶた(眼瞼下垂症)の原因の一つである腱膜すべり症は、腱膜を瞼板に固定する手術で治りますが、眼瞼痙攣はボツリヌス注射や眼輪筋切除でしか治療法がないとされてきました。しかし、ついに信州大学の松尾名誉教授(現在は浜松市で開業)が開発されたミューラー筋を瞼板から外す手術によって、眼瞼痙攣がほぼ治まることが発見されました。ちょうど1年前、写真のように浜松の松尾形成外科・眼瞼クリニックを訪問して、この手術法を直々に伝授していただいておりましたので、当院でも眼瞼けいれん手術を開始しました。実際に手術を受けた患者様の眼瞼けいれんが術後に改善している様子を拝見し、うれしく思っております。

 

松尾先生がテレビ出演されます。来る2月3日金曜19時~フジテレビ 「その原因、Xにあり!」テーマは物忘れ。さて、どのようなお話をされるのでしょ-、楽しみです。

 

眼瞼けいれんでボトックス注射を定期的に打ち続けている患者様は、是非ご相談ください。

 

matsuoclinic01matsuoclinic02

 

医療法人社団茉悠乃会 船橋ゆーかりクリニック
住所:千葉県船橋市本町5-3-5 伊藤LKビル4F
JR船橋駅北口右手正面のビルへ徒歩1分
電話番号:0120-12-4103
診療時間(お昼休みでも受付は対応しています)
月-水 9:00~13:00 15:00~18:00
金 10:00~13:00 16:00~20:00
土 10:00~13:00
日 9:00~11:00(月1回不定期)
休診日:木曜日・祝日

TOP